顔の脱毛〜レーザーと光のメリット・デメリット

顔のレーザー脱毛は効果的?

 

レーザー脱毛と言えば、現在行われている脱毛の中でも、脱毛効果が高い脱毛法として有名ですね。

 

脱毛の原理は光脱毛と同じで、メラニン色素に反応する光を照射して、毛母細胞を破壊することで、ムダ毛の再生を防ぎます。

 

ただ、光の出力レベルは光脱毛よりも高いため、より効果的な脱毛が期待出来ます。

 

でも、その分ダメージもありますし、痛みも伴う事が多いので、基本的に顔脱毛には向いていないと言われていました。

 

 

 

だけど、最近ではレーザー脱毛でも出力レベルを調整して、ダメージや痛みを抑えることが出来るようになっています。

 

ですから、顔のレーザー脱毛が出来る美容外科やクリニックも増えています。

 

顔のムダ毛の太さや濃さは人によって違いがありますが、中には、光脱毛ではなかなか脱毛出来ない剛毛もあったりするでしょう。

 

そういった場合は、光脱毛よりも出力レベルが高いレーザー脱毛の方が効果が出やすいですね。

 

 

レーザー脱毛と肌トラブル

 

そうは言っても、やっぱりダメージが心配という方も多いかもしれません。

 

確かに、顔のレーザー脱毛が出来るようになりましたが、肌トラブルのリスクも伴います。

 

だから、炎症が起きるのでは、シミやしわが悪化するのではと不安に思う方もいるでしょう。

 

レーザー脱毛は、毛膿炎やかゆみといった症状も起こりやすいと言われています。

 

だけど、炎症にしろ、毛膿炎やかゆみにしても、術後数日で症状は治まります。

 

 

それよりも、レーザー脱毛をすることによって、肌トラブルが解消されることの方が多いのです。

 

レーザー脱毛をすると、ムダ毛を毛根から脱毛することができるので、皮脂などの詰まりを解消出来ます。

 

ですから、ニキビや吹き出物も減りますし、キメの細かい肌になります。

 

 

また、シミだったら、メラニン色素に反応する光を照射することで、シミのもととなるメラニン色素を破壊出来ます。

 

だから、シミを薄くしたり、色素沈着を解消することも期待出来るのです。

 

さらに、毛穴が自然と引き締まるので、たるみやしわの改善効果も期待出来ます。

 

つまり、顔をレーザー脱毛することで、脱毛とスキンケアの両方の効果が得られるのですね。